<   2011年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

放射能の脳への障害

e0251565_21242553.jpg


【風の郵便屋さん】
放射能の脳への障害●さてはてメモ帳

http://mblog.excite.co.jp/user/satehate/entry/detail/?id=17149582
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-29 21:24

瀬戸昌之さん講演会『原発とごみ問題‐現状と課題』に行ってきた③

e0251565_18412319.jpg


*「入会地の悲劇」にどう対応するか

PPP(汚染者負担の原則)は、環境を汚染・破壊した者に責任を取らせるOECD(経済協力開発機構)の原則

日本はOECDの加盟国

だが政財界はPPPにきわめて否定的だ

逆に国民にさらなる悲劇の負担を強いていこうとしている

放射能がれきを日本中の自治体で焼却し、福島は20年かけて除染する
もう大丈夫と復興をアピールしようとしているかに見える


*人間活動の公正な評価を

われわれはどのような社会をめざしているのか

これが案外語られていない

「持続可能で公正な社会」を目標の第一歩とするなら、取り組むべき課題は二つある

一つめは、入会地の悲劇を回避するためのPPPとEPRの徹底である

二つめは入会地の保全のために、公共的価値の生産など「良いこと」を担保するための実効性のある施策の導入である

つまり、良いことを応援しようということだ

エコカー1台に25万円の税金を補助する大義はエコカーは環境にやさしく、ひいては公益的価値があるからとされている

これをよしとするなら、太陽熱温水器、廃材のエネルギー、太陽光発電、風力発電、里山の枯れ枝による炭粉などの利用による公益的価値にも支払うのが公正であろう

また農林業は米や木材を生産しているだけではない

農林業は国土保全や地球温暖化阻止などの公益的価値も生産している

例えば、日本の米の生産額は年2兆円程度だが、水田の生み出す洪水防止、地下水涵養、土壌保全などの価値は数兆円にもなる

農林業が生産するこのような公益的価値にも支払うのが公正であろう

さらに例えば、住民による生ごみ堆肥化などの資源化などはさまざまな公益的価値を生む

この価値にも支払うのが公正であろう



経済の大競争の潮流の中で、持続可能な社会を構築するために、汚染や破壊の「悪いこと」には経済的に償わせ、公益的価値の「良いこと」には代価を支払うというごく当然の「公正さ」が今、問われている



(瀬戸昌之/東京農工大名誉教授)
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-29 18:41

瀬戸昌之さん講演会『原発とごみ問題‐現状と課題』に行ってきた②

e0251565_181627100.jpg


*TPPをめぐって「入会地の悲劇」を考える

関税撤廃を目指す環太平洋経済連携協定(TPP)が議論されている

それによって輸出を拡大し、外貨を稼げるとする輸出産業と多国籍企業、そして安い食材が購入できるとする一部の国民の期待は大きい

しかし、TPPがもたらすのは大規模な機械化や単一作物の栽培による土壌の酷使、劣化、生物多様性の低下、物質循環の遮断、フードマイレージの拡大によるCO2の排出、地球温暖化の激化などであろう

それらの不利益に政財界や多くの国民の責任感は希薄だ

こうして彼らの利益は独占され、入会地の汚染と破壊は万人と分かち合うことになる

*ごみ問題をめぐって「入会地」の悲劇を考える

日本のごみは、焼却炉で燃やし、灰を水源地や東京湾に埋めて処理している

焼却炉周辺の小児ぜんそく率は高い
(横浜で、こんな例がある
焼却炉周辺では、ぜんそくが多かった
ところが焼却を止めたとたんに、ぜんそくは減少した)

焼却は地球温暖化の原因の一つ

埋めた灰は土壌や地下水を汚染し
物質循環を遮断する

1トンあたり8〜10万円も税金が使われる

大量生産、大量消費の利益は財界や一部の国民が享受し、これがもたらす環境汚染や税金の浪費に対する財界や一部の国民の責任感はない


例えば、行政は大型連続焼却炉のさらなる増設に大量の税金を流しこんできた

市民には燃えないごみとして分別させていた廃プラスチックを2008年から都は燃えるごみに変えた

焼却炉を作り過ぎたから燃やすごみが足りないのだ

焼却炉1基あたりに100〜300億円の税金が投入され

その陰で自治体や国の清掃担当者の焼却炉メーカーへの天下りが続いている

その結果、行政から焼却炉メーカーへのべらぼうな焼却炉価格の過払いが起きている

ごみ問題解消のためには、EPR(拡大生産者責任=例えばペットボトルのお茶に生産者があらかじめ回収費を価格に上乗せしておいて、飲んだ後で、回収ボックスに入れるとお金が買った人に戻ってくるようにすれば、ごみにならない)がきわめて有効だが

今の日本の政財界ははこれにきわめて否定的なのだ



(続く)
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-29 18:16

瀬戸昌之さん講演会『原発とごみ問題‐現状と課題』に行ってきた①

e0251565_1775568.jpg


「結局、原発もごみ問題もTPPも根っこは同じ

戦争でボロボロになった反省から平和憲法を作った

だけど喉元過ぎればなんとやら

また同じことをしようとしている

儲かるのは誰か?
に尽きる

今の現実は、入会地(いりあいち=コモンズ=みんなで共有すべきもの)の悲劇が繰り返されているということ

ギャレット・ハーデンの言葉にこんなのがある

〈最大で100頭の牛が飼える草地で10人が10頭づつ飼っていたとしよう
1人がさらに1頭を追加して11頭を飼えば、この人は追加した1頭分の利益を独占できるが、草地は1頭分の過放牧になる
ところが、このマイナスはやがて10人で分かち合うことになるから、この人のマイナス分は1/10ですむ
そこで、多くの人が競ってより多くの牛を飼うことになる
かくて草地は崩壊する〉

結局、「入会地」の利益は特定の人に独占され、汚染や略奪の不利益は万人と分かち合うことになる

原発やごみ処分場の設置は「貧しい」市町村が狙われる

迷惑料や交付金の甘い汁に手を出すと
第二、第三の処分場や原発を自ら誘致するはめになる

今は共有すべき土俵がない

持続可能社会を目指すことはすべての人が同意できるだろう

それでは何が問われているのか?

*原発と入会地の悲劇について考える

原発による不当な利益は東電と通産省とこれにぶらさがる利権の構造に独り占めされている

エネルギーをどうするか?

京都議定書ではCO2を毎年5000トン削減しなくてはならない

●太陽熱温水器
2500万世帯に設置→CO2が1000万トンの削減

●バイオマス
回収容易な廃材は年4000万トン→CO2が1400万トンの削減(廃材を燃やすとCO2が出る?→木は大気中のCO2を吸収したものだから燃やしてもゼロになる)

●太陽光・風力発電
ドイツはCO2が2600万トンの削減できた→日本も同規模でできる

以上の提案で日本の世界との約束は果たせる

それをしないのはなぜか?

現状は減らすどころか、増えているCO2

エコカー1台には25万円も補助をするが
バイオマスや太陽熱温水器にはなぜ補助をしないのか?

山林の枝や廃材を使うバイオマスならはるかに雇用も増えるのに


(つづく)
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-29 17:07

猫町

e0251565_23172640.jpg

西村さんとぼくは通りや路地を歩いた

通りはお祭りでごった返していた

レトロ博物館で横の人に何気なく話したら、あがた森魚さんだったのでびっくりしたものだ

あっちこっちで知り合いに声をかけられ
なんだかうれしい

国際交流広場では、タイカレーを食べた
インドのラッシーも飲んだ

商店街は昔の町のままで素敵だった

きっと商店街はその自分達の素敵さにまだ気づいてはいないだろうけど

商店街の活性化に駆り出されて
ポスターや壁画を描くことと同時にその祭りは始まった

それでキネマ通りで美大生達と猫町を作ったり

水ごみの仲間と『がんこ堂』をやったりした

寒い風が吹いていた
ひと昔の初冬のことだ

そんな記憶が路地のところどころに残っていた

廃屋には現代美術がひっそりとすましていた
でも誰も気づかなかった


レトロで町の活性化

だけどレトロ風情だけじゃだめなんだ

本当にレトロがおしゃれなデザインとして
過去を演出するんじゃなくて
未来を創造しなくちゃだめなのさ

本当に路地に紙芝居屋さんがいて

本当に昔の映画館があれば良いのに

そう
まるで『カーネーション』のセットみたいな町なら
「なんておしゃれな町!」
って若者が押しかけるだろう

猫町

それはそんな未来のカケラだったに違いない

西村さんとそんな話はあんまりしなかった

ぼくらはそれから
車に乗って川っぷちを上流へ走ったのだ

西村さんは変わらなかった

西村さんがいるだけで
世界は満ちる

永遠の時間が生まれる


パピエ・コレというちいさなミュージアム

貝原浩×小林敏也の満ちた世界「ふたつの景」へ

貝原さんの旅のロードムービーがまぶしかった

敏也さんの造本のレトロな創造力にうっとりした

敏也さんが貝原さんの原画のチェルノブイリの花嫁にキラキラ光る雲母を見つけて、ぼくらは歓声をあげた

川っぷちの午後

それはそれは素敵な一日

ぼくらの
ふるさとの猫が
うたたねして見てるような夢みるココロの話
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-22 23:17

あしたへ せんねんのみらいへ

e0251565_1413386.jpg


『あしたへ せんねんのみらいへ』

CD『FUKUSHIMA』発売記念ライブ&アート

●本日19日/青梅・繭蔵にて/17時開演/2000円

●水野俊介(5弦ウッドベース)×室坂京子(ピアノ)

●西村繁男(絵本作家)×井上厚(木版画家)
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-19 14:13

お母さんたちをつなぐブログ

e0251565_1312664.jpg


【風の郵便屋さん】

【提案】日常生活での放射能情報拡散のゲリラ活動 ●お母さんたちをつなぐブログ


http://papamama-zenkokusawakai.blogspot.com/2011/11/blog-post_8405.html?spref=fb


これ、ちょっと良いな〜♪
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-18 01:31

「さよなら原発」リレーアクション

e0251565_22413519.jpg


F44D.gifみんなで歩こう「さよなら原発」F347.gifリレーアクションF45B.gif

11月26日(土)
F3A0.gif午後1:00青梅線F465.gif河辺駅北口・西友横の株樹(かぶき)公園F487.gif→羽村駅東→3:00福生駅東口F6B3.gif解散F648.gif

どこからでも参加できますF6B6.gif

音楽など大歓迎F3C2.gif!!


呼びかけ人F45B.gif青梅ブンブンの会ほかF687.gif
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-17 22:41

だいたい500ベクレルもの放射線を含んだ食べ物や飲み物が人体に影響を与えないわけはない/さてはてメモ帳

e0251565_21194796.jpg

【風の郵便屋さん】
「だいたい500ベクレルもの放射線を含んだ食べ物や飲み物が人体に影響を与えないわけはない」

被爆 500ベクレルの食品で国民が突然死する国 タンポポ日記/『さてはてメモ帳』より

http://mblog.excite.co.jp/user/satehate/entry/detail/index.php?id=17105227&page=2
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-17 21:19

【風の郵便屋さん】放射能汚染の野菜とメーカーの安全性について】

e0251565_2150495.jpg

【放射能汚染の野菜とメーカーの安全性について】で検索してみてください

http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/column/post_27.html


「モ〇バーガー」も福島産の野菜を使用していましたか!

わが家では先日も食べに行きました……

牛丼の「す〇家」も北関東の食材を使っていました

先日、食べに行きました……

「セ〇ンイレブン」も福島産の食材を使ってるんですね

こちらもよく利用してます……m(_ _)m




●ちなみに
この情報は、2011年5月19日時点のものです
[PR]
by harappanohappa | 2011-11-16 21:50


いのちたちの居場所


by harappanohappa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

風の学校
at 2012-06-23 21:32
3.25 がれき問題で講演し..
at 2012-03-18 18:03
ウルルン青梅エコのわ探訪記●..
at 2012-03-15 20:25
父のアート
at 2012-03-04 22:54
雛祭りの朝
at 2012-03-04 21:07

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧